やすこふのお金の知恵袋

稼いで、貯めて、増やすためのお金の知識を養う情報を発信しています。

始める前に知っておきたい「つみたてNISA」の基礎知識とメリット

どうも。やすこふです。

3人家族のパパとして家計を支えながらゆるーく経済的自立を目指しています。

f:id:yasukofu:20210509104419p:plain

早期リタイアを目指す人に限らず、最近は老後資金2000万円問題など、

お金に関して不安になるようなニュースも多いですよね。

将来を見据えてお金をためておくことが必要なことはわかったけど、

どうすりゃいいの?と頭を抱えてしまう方も多いと思います。

 

その手がかりとして、日本政府はiDeCoやNISAといった資産形成の制度を作ってくれています。

こんなおいしい制度を利用しない手はありません。

まずはつみたてNISAについて学んでみました。

 

 

つみたてNISAとは

積立投資専用の少額投資非課税制度の略で、2018年1月からスタートした制度です。

通常、投資で得た利益は約20%の税金がかかりますが、NISAを利用すると利益を非課税で受け取ることができます

また、非課税期間は20年で、2021年に投資した資金は2040年まで非課税の対象となります。

40万円投資し、2100万円で売った場合、

通常口座での運用であれば税金が引かれて88万円程度となってしまいますが、

NISA口座で運用すれば、100万円をそのまま受け取ることができます。

現状は2042年までの期間限定の制度ですが、

制度の意図や諸外国の状況を鑑みると恒久的な制度になっていくのではないかと思います。

 

つみたてNISAとNISAの違い

つみたてNISA以外にも、一般NISAという制度もあります。

違いをざっくり説明すると下表のとおりです。

f:id:yasukofu:20210506151717j:plain

つみたてNISAと一般NISAの比較

つみたてNISAは、年間40万円を20年非課税で運用でき、一般NISAは年間120万円を5年非課税で運用できます。コツコツ資産を増やしたい方はつみたてNISAをおすすめします。

また、つみたてNISAは投資商品が投資信託のみですが、初心者向けの比較的安全な商品が厳選されています。

 

つみたてNISAのメリット

上記の表にもありますが、つみたてNISAの最大のメリットは非課税運用期間の長さと、厳選された投資商品です。

 

投資の利益が最長20年非課税

株式投資の平均利回りは年率3~7%と言われます。

100万円を投資して1年間で3~7万円の利益を獲得するのが平均的な目標となるわけです。

 たったそれだけかと思われるかもしれませんが、長期で運用をすることで複利効果が働きます。

複利とは、元金によって生じた利益を再投資することで次第に利益が増えていくことを言います。

1年目に得た利益5万円を元金100万円に加えて投資すると、次の年は105万円に対して3~5%の利益が期待できるわけです。

ちなみに、100万円を20年間5%で運用すると265万円となり、165万円もの運用益を生むことができます。

20年という長期スパンでの運用が複利の力により大きな利益を生むことにつながり、その利益を非課税で受け取ることが期待できるのです。

 

f:id:yasukofu:20210506164959p:plain

NISAの運用イメージ

上図のように、つみたてNISAは毎年最大40万円を最長20年間非課税で運用でき、20年間続ける事ができるため、最大800万円を投資することが可能です。

 

厳選された投資商品

つみたてNISAは国が定めた基準を満たした投資信託のみが対象となっています。

販売手数料ゼロ、信託報酬が一定水準以下など、低コストで運用が可能な商品ばかりです。

 

投資信託とは・・・

1つの商品に多くの企業の株式や債券が含まれている金融商品のことで、1つ買うだけで分散投資が可能なものだと思ってもらえばよいです。

株式市場は値動きが激しく、長期投資においては分散投資が非常に重要な役割を果たします。

 

様々な本でオススメの投資信託が紹介されていますが、1つだけ買うのであれば手数料(信託報酬)が最も低いインデックスファンドを選ぶのがセオリーです。

よくわからないという方は下記を参考にしてみてください。

 

安全性重視の方向け:eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

手数料0.1144%。文字通り全世界の株式をまるごと保有できるインデックスファンドです。この何百年もの間で世界全体の株価は右肩上がりで推移しています。日々のニュースや銘柄情報に振り回されたくない方は全世界に投資してほったらかしにしておきましょう。

小リスクを許容する方向け:eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

手数料0.0968%と最安。米国の優良企業500社の株価(S&P500)に連動するインデックスファンドです。この10年間の株式市場はアメリカ株が最も伸びており、今後もアメリカ株の上昇は続くと多くの投資家は考えています。

 

以上を参考につみたてNISAを始めて、株式投資の第一歩を踏み出しましょう。

 

参考文献