やすこふのお金の知恵袋

稼いで、貯めて、増やすためのお金の知識を養う情報を発信しています。

ネットで完結!楽天証券の口座開設方法を解説

どうも。やすこふです。

3人家族のパパとして家計を支えながらゆるーく経済的自立を目指しています。

f:id:yasukofu:20210509105517p:plain 経済的自立を目指すのであれば、まずは銀行口座に入っているお金を証券口座に移し、お金が働く仕組みを作りましょう。

 

証券口座も、銀行口座のようにたくさんの企業の中から選ぶことができますが、投資初心者の方であればSBI証券楽天証券がおすすめです。

 

国内ネット証券では口座開設数No.1。手数料は業界最安値クラスで、商品やサービスでSBI証券ないものはほぼない。

 

楽天会員であれば、最短30秒で口座開設の申込が完了でき、さらにポイント(楽天スーパーポイント)で証券を購入できるなどメリットが多い。

 

口座開設だけであれば無料でできるので、試しに口座開設をしてみましょう。

楽天証券を例に口座開設の手順を解説していきたいと思います。

 

 

楽天証券の口座開設方法

本人確認書類の準備

本人確認が必要となるため、下記の書類を準備しておきましょう。

今回はスマホを使った登録方法を紹介しますが、PCにて本人確認を行う場合、本人確認書類は下記でも行うことができます。

楽天証券のホームページへアクセス

楽天証券ホームページ内の「口座開設」ボタンをクリックします。

f:id:yasukofu:20210507115532p:plain

 

 

総合口座の申込み

楽天会員であるかどうかを選択します。(楽天会員だと、個人情報入力が省略できます。)

f:id:yasukofu:20210507120748p:plain


楽天会員の方」をクリックした場合は、楽天IDとパスワードでのログインが求められます。ログインすると、楽天で登録したメールアドレスが入力されています。

楽天会員ではない方」をクリックした場合は、すぐに以下のメール送信画面が表示されます。

メールアドレスを入力して、「同意の上、送信する」ボタンをクリックしましょう。

f:id:yasukofu:20210507122914p:plain

 

本人確認書類の提出

 運転免許証または個人番号カードのどちらかを選択すると、QRコードが現れるのでスマホで読み取ります。スマホから本人確認サイトにアクセス、ガイドに従って、本人確認書類の撮影、顔写真の撮影を行い、本人であることの確認を行います。

f:id:yasukofu:20210507140342p:plain

 

お客様情報の入力

名前、性別、生年月日、住所、電話番号などの情報を入力します。

 

続いて、「納税方法の選択」を求められますが、特段の事情がなければ「確定申告が不要」にチェックを入れておいてよくのが良いと思います。

「特定口座(源泉徴収あり)」という設定になり、面倒な税金の処理を証券会社側がやってくれます。

 

続いて、「NISA口座の選択」です。

長期投資を目的にNISA口座を利用するのであれば、「つみたてNISAを開設」にチェックを入れるのが良いと思います。

【関連記事】
www.yasukofu.jp

 

その他、楽天銀行口座、iDeCo(イデコ)、楽天FX口座、信用取引口座の申し込みが同時にできます。

楽天銀行口座とリンクさせると実際取引する際に便利なので、同時に申し込んでも良いと思います。

 

ログインパスワードの設定

楽天証券の口座はネットで運用することになります。パスワードはログインする際に必要となりますので、忘れないように大切に保管しておいてください。

 

「ログイン情報のお知らせ」の受け取り

申込内容の審査が終了すると、ログインIDと初回ログインパスワードが発行されます。これで口座開設完了です。

ID・パスワードで早速口座にログインしてみましょう。

 

初回ログイン時のみ初期設定を行う必要があります。

  • ログインパスワードの変更(今後のログイン時に使用します)
  • 暗証番号の設定(数字4桁で取引の際に使用します)
  • アンケートの回答
  • 勤務先の登録
  • 国籍と居住国の設定 等

その他、マイナンバー登録や入金方法の設定、手数料コースの設定などがあります。

それぞれの登録方法に必要なものを確認し、スムーズに進めていきましょう。

 

ネット証券で実際に株式投資を始めてみよう

≫ 【楽天証券】口座開設キャンペーン | 楽天証券 (rakuten-sec.co.jp)