やすこふのお金の知恵袋

稼いで、貯めて、増やすためのお金の知識を養う情報を発信しています。

設計者のための仕事効率化アイデア〜デバイス連携編〜

f:id:yasukofu:20191005221035p:image

前回までは、スマホタブレットの特徴と使い分けについて紹介してきました。

 

私はiPhoneiPadを使っているのですが、

この2つは基本的に画面の大きさが違うだけで使える機能は同じってご存知ですか?

 

実はそこが重要で、同じ機能をもったデバイスを連携させる事で

さらに仕事の効率化をすることができます。

 

そこで本日は、

iPhoneiPadの連携による仕事効率化アイデア

を紹介したいと思います。

 

連携というと何か難しそうですが、やっている事は単純です。

まずは、同じApple IDで登録しましょう。

これで、メモ、写真、カレンダーなどiCloud上に保存されているデータがデバイス間で共有されます。

 

iPhoneで「撮影」、iPadで書き込み

写真アプリの「マークアップ」はご存知でしょうか?

タッチペンなどを使ってできる落書き機能です。

 

私は、工事現場にiPadのような大きな物を持っていくと邪魔になるので、

ポケットに入るiPhoneを持っていきます。

工事を間違えている部分や気になるところがあれば写真をパチリ、

現場事務所に戻って画面の大きいiPadで写真に書き込みします。

 

例えばこんな感じです。

f:id:yasukofu:20191002225454j:image

 

これをLINEに添付するだけです。

「修正お願いします!」

多くの文章を打つことなく、短時間にビジュアルで指示ができるので、

認識の齟齬もなく素早く指示ができます。

 

いつでもどこでもインターネット検索

検索したインターネットページも同期されます。

iPhoneでインターネット検索した後にiPadを開いてみると・・・

f:id:yasukofu:20191002230443j:image

画面下にこんなマークが出現します。

これをタップするとiPhoneで調べたページと同じURLを開くことができます。

 

電車の中で見ていたものを、喫茶店などの落ち着いた場所でじっくり見たいときにiPadを使ったり、

iPhoneだと画面が小さくて見づらいと感じた時にiPadを開くなど、

場所や時間を選ばずインターネット検索がしやすくなります。

 

同じアプリを使って継続的に作業

同じApple IDでログインしていれば、有料アプリで2倍の金額を請求されることもありません。

ぜひiPhoneiPadで同じアプリをインストールしてください。

2つのデバイスに同じアプリが入っていれば、データを一括管理する事ができます。

これは何となく想像がつきますよね?

移動中にiphoneでメモした文章を、会議中などにiPad で更新するなど、

状況に応じてデバイスを使い分け、作業を継続して行うことができます。

 

このブログも通勤中にiPhoneで書き始めましたが、今は自宅でiPadで書き込んでいます。

 

慌ただしい中でも作業を継続して行うことで集中力の途切れを防ぎ、

すきま時間を埋めていくことができます。

 

データ共有で状況に応じた使い分けをしましょう

つまり、

いつでもどこでも状況に応じてデバイスが選択できるようにしました。

 

色々試した結果、この2台があればおおよその状況においてストレスなく作業が可能ですし、

これ以上デバイスを増やしても、持ち運びが重いだけで、効率性は上がらないという

自分なりの結論に至りました。

 

もちろんスマホだけで全ての作業をこなす方が効率的だという人はそれでいいと思います。

でも、少し使いづらいなと感じたなら、一度やり方を変えてみたほうが良いと思います。

 

私も3年前まではシステム手帳を使っていて、

スケジュールアプリを使わない理由をあぁだこうだと言い訳ばかり述べていました。

でも使い始めてみれば、今は手書きの手帳には戻れないほど時間感覚が違います。

 

仕事効率化は仕事の品質を落とさず早く作業をすることが大切です。

仕事を早くできても品質を落とすようなものであればやらないほうがいいです。

それゆえなるべく簡単に使える機能を紹介したつもりです

ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。